スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月23日、メタル茶屋~鋼鉄春一番~



遅ればせながらライブレポです、

こちらでは「メタル茶屋~鋼鉄春一番~」や、
私がサポートで参加したパラノイアについてのことを書きます、

メタル茶屋~鋼鉄春一番~


パラノイアというバンドは、キノムスの前から
先輩のムスコさん(下前さん)が組んでいたバンドで、
3年以上も前から地元で活動されていたそうです。

そして彼らのライブを、
LOUDSTORMのマッツさんが見に行かれたそうで、
マッツさん率いる「和歌山鋼鉄会」主催のイベントに出ないか、と
パラノイアに声がかかったのだということです。

オリジナルメンバーのリードギターの方と
(↑こちらも私のギター教室の先輩になります)
ベーシストの方が就活で忙しいので、今回は私と
キノムスのキノコさんがサポートで参加することに。

Paranoia mixi






↑がライブ中の様子です、何やら見覚えのある顔ぶれに...(笑)


ドラムの方は、パラノイアのオリジナルメンバーで、
YUENというバンドでも活動されている西川さんです。

そして今回は、私個人的に初めて、和歌山club GATEさんでライブさせていただきました!

和歌山club GATE HP


イベントの内容ですが、名前の通り、他の出演者の皆さんは
メタルやハードロックバンドばかりでした(^^;)

本来、このメタル茶屋はフリージャンルで、
「メタルをより親しみやすく」がコンセプトなのだそうですが、
今回はメタル色が強くなってしまった、と...


本番前のプレッシャーはすごかったですね、
場違いな自分たちが出たら刺されるんじゃないかとか
□されるんじゃないかとか...もちろん勝手な先入観でしたが(笑)


ステージには、手作りの幕が用意されていたのですが、
自分たちの出番が回ってきて、
その幕が開いたときは、ああ、もう後がないな、と思いました...

でも、そんな逃げ場のない状況からか、
バンド一体になれた気がして、終わってみると楽しかったです。
気を使ってくれたからかもしれませんが、
お客さんも手拍子をしてくれたり、あたたかかったので...

よかったです。←

もう精一杯であんまり覚えていないので、他の出演者のことを書きますね、

出演者の方々は、

BARBED WIREさん、冥尊さん、NURSE LOGさん、
PHOENIX RISINGさん、LOUDSTORMさん

です、


1番目はBARBED WIREさん。

ハイトーンヴォーカル、ツインギター、超速ドラミングと、
圧倒的なパフォーマンスで会場が湧き上がりました!

BARBED WIRE HP

実は、ヴォーカルのYoshikiさんとは高校が一緒で、
そこで知り合って、今年の2月頃から一緒に
モンキービジネスという名前の、メタルのコピバンを組ませてもらっているのですが、
(そのことについてはまたゆっくり書こうと思います)

ステージ上の彼を初めて見て、
凄いヴォーカリストといつも一緒に練習してるんだなと実感しました(^^;)

自分たちは2番目だったのですが、彼らの後は本当に辛かったです(笑)
それだけ、彼らがいいライブをされた、ということですね。




3組目は、大阪からお越しの冥尊さん。
衣装にも力が入っていますが、音楽もすごいです。

会場では、冥尊さんのアルバムが、なんと無料で配られたのですが、
そのアルバムがいかにもメタル、という感じでかっこいいんです。

冥尊 myspace

家に帰ってアルバムを聴くと、
自分たちはこんな方たちと一緒にライブしたのかと...
今でも信じられないですね;


4組目は、NURSE LOGさん。

和歌山の方で、こちらもメタルバンドですね。
曲はギターのリフを中心に構成されていて、
勉強にもなりましたし、すごくかっこよかったです!


5組目は、PHOENIX RISINGさん。
冥尊さんと同じく、大阪からお越しのハードロックバンドでした。

PHOENIX RISING HP

私は個人的に、ジャンルで言うとハードロックが一番好きなので、
もう一瞬でファンになりました(笑)

バラードも演奏してくれたのですが、ロックバラードならではの
激しさとあたたかさが織り交ざった曲調に凄く感動しました...!


そして最後は、鋼鉄会の会長、マッツさん率いるLOUDSTORMさん。

LOUDSTORM HP

曲調はメタル、ハードロックで、かっこよかったです!
パフォーマンスも迫力があって...

最期の曲では、PHOENIX RISINGのヴォーカリスト、
Kojiさんと共演され、「メタル茶屋~鋼鉄春一番~」は
大歓声に包まれ、終了しました。


...はい、やっぱり大人の方に交じってさせていただくと
すごく勉強になることがたくさんありますね。

23日は、もう10年分くらいの経験ができたような気がします(笑)


このイベントに参加させていただいてプラスになった部分を
キノムスでもモンキービジネスでも役立てていきたいです。


それでは、お疲れ様でした!(^^)





スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは!

ライブレポ読ませて頂きました~(´ェ`*)
前回記事でお話しされていたときのライブはこれだったんですね!
3年も活動されてるバンドでサポートなんてすごい…☆
パラノイアさんもハードロックやメタルを演奏されるんですかね?
すごく難しそうなイメージがあります…><
共演された方も豪華だったということで
余計に緊張やプレッシャーも大きかったでしょうが、
上手くいったとのことでよかったですね!
そしてそういうライブでも楽しんで出来たってすごいと思います~!
きっとs.h.nさんのギター技術も高いんでしょうね^^
犬山も一応アコギ持ってますが…笑
ほんとに遊び程度にしか弾けないので心底すごいって思います!
練習方法とかサッパリですし、ギターソロを弾いてる人見ると、
えええええ!なんでそんなに弾ける?!ってなります笑
いや~なのでほんとにこうしてバンド活動されてるって尊敬しますi-260

ライブレポ読ませてくださりありがとうございました!
音楽に詳しくないのであまりろくな感想かけなくて申し訳ないですが…><;
これからも応援させてくださいね!☆
ではでは~また参ります~(●´ω`●)ノシ

Re: No title



こんばんは!お返事遅くなってしまってごめんなさい;

あ、パラノイアはノンジャンルで、
結構最近の若者ロックバンドみたいな曲(?)とか...←意味不明
いろんな曲調の曲がありますし、聞きやすいですよ(^^)

はい...周りは大人の方ばかりでしたし、
ハードな感じの音楽が好きな方ばかりで...緊張しました;
あ、いえいえ、私もそんなに上手じゃないですよ(笑)


アコギ持ってらっしゃるんですね、生音が綺麗ですよね(^^)
たぶん、アコギだと弾き語りとかが多くて、コードから覚えて練習するかと思うんですが、

実はギターソロなどは単音で引く場合がほとんどなので...
ドレミファソラシドの中から音程を好きに組み合わせて、
4分、8分、16分とリズムを変えて弾く練習をすると、それだけで
ハ長調でのギターソロが弾けるようになりますよ!(*^^*)

曲のキーが変われば、♯や♭が増えてややこしくなりますが...それはおいといて、
まずはハ長調で、ぜひ試してみてください!(^^)


それでは、読んでくださってありがとうございました!(> <)
いつかバンドで音源とか作れたら、ぜひまた聞いてやってくださいね、

また遊びに行かせていただきます!(^^)
プロフィール

s.h.n

Author:s.h.n
一般人です。
音楽などが好きです。


和歌山の四人組バンド、
A mushroom and the son
(キノコとムスコ)に参加していました。

キノムス HP

(最終更新 6/12)

キノムス の myspaceで
「ホロウ」というオリジナル曲を公開しています、

キノムス myspace


和歌山のHR/HM バンド、
Monkey Business に参加していました。

↓Monkey Business のメンバーブログ↓

イカサマだらけ


ロックバンド、saL no Moneys に
参加していました。


2組楽曲制作ユニット、SkiM/#に
参加しています。不定期更新です


また、個人の活動になりますが、
s.h.n works というページで
詩などを書いてます。

そちらもよろしくお願いします!

(最終更新 10/8)


それでは、
ごゆっくりどうぞ!(^^)

         開設 2012.9.19


※s.h.n は リンク先のサイト様方と
一切関係のない場合がございます。
支援の意で貼らせていただいて
おりますが、他意は一切ございません。

なので、リンク先のサイト様方の
迷惑となるようなことは
ご遠慮ください、皆様のご理解と
ご協力をお願いしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
蝶が舞うリースの時計

触れると逃げてしまいます

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。