スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます。と2014年末の作品たち


あけましておめでとうございます!早くも2015年ですね、←
去年はこのブログを訪問してくださってありがとうございました!今年もよろしくお願いします!m(_ _)m


それでは、年末にできた曲たちを載せさせていただきます。


「summer memory」 by SkiM/# 第三作目




以下、3rd works


「Whatever you're living for」




「Heartbroken Lovely Dolls」




「カラーフィルム」




「Walk On」




「証明」




SkiM/#というのは、友人のmaa*さん(作詞・画像など担当)と一緒に組んでいる楽曲制作ユニットです。
第三作目ということは、今までにも二曲あるということなんですが、今回は曲が多いので紹介は省きます、←

私の印象では、maa*さんの書く歌詞はいつも真っ直ぐで素直で、
曲をつけるときも素直に口ずさむだけでメロディが出てくるんですよね、
だから私の役目は、前向きな歌詞には勢いを保つために高テンポにしてみたり、バラードではまったり揺れる三連バラードにしてみたり...
テンポとメロディが違えば、当然曲調も普段とは違う感じになるので、それは自分の中から出てくるものではないので毎回勉強になりますし、毎回楽しみなんですよね。

実際の友達との共同制作なので、完成したら他の友達にも聴いてもらえたりしていつも楽しくやらせていただいてます(*^^*)


あとお5曲は、いつも通り個人の活動になりますね、

「Whatever...」は以前歌詞を載せているのでよければそちらをご覧ください、
「Heartbroken...」は、3rd works という括りではありますが、曲集「living loving」には入りませんし
すごくうしろ向きな歌詞なので載せません(笑)

残りの3曲分は「続きを読む」に載せますね、


「カラーフィルム」


いつからか 世界がぼやけ始めた
色まで鮮やかに残す フィルムのようにはいかない

近頃 ろくに機能しない 視覚や聴覚を埋め尽くしてくれ

目の前で 顔を見せて 声だけでも聞かせてよ
あの日が この頭から消えてしまう前に 君に会いたい

大きな存在なんです 君に代わるものが見つからない
慣れない この苦しさも消えてしまうまで 君と居たいよ


散々 僕を苦しめ 惑わせ
癒すのもまた 君だ


何遍も繰り返し 映し 擦り切れてくフィルムのように
あの日が この頭から消えてしまう前に 君に会いたい

一体、

誰が作って 誰のための自分なのかが分からないんだよ
何とかやってます、って顔だけしてられなくてさ

この手にできることがあれば 今何か 求めてほしい
生きてく この苦しさも消えてしまうまで 君と居たいよ


目の前で 顔を見せて 声だけでも聞かせてよ
イメージから 言葉になり 溢れ出した想いよ 届け


「Walk On」


Good memories were given
Sometimes I named them, “The stuck seasons are.”

You gave me some fine troubles and love
I got it, it's a really funny story, isn't it?

The colors of the passing days are saying good-bye to you
美しかった昨日と またしばらくお別れだから
目を細めて窺ってる間に過ぎていく
戸惑いばかりでも 新鮮なうちに受け止めよう


芽吹く大地や 枯れ葉の上を 踏み分け歩く
透き通る空は いつの日も眩しい

君は気にも留めず 忙しく進んで...


So many memories were given
Sometimes I named them, “The stuck seasons ever.”

The colors of the passing days are saying good-bye to you
美しかった昨日と またしばらくお別れだから
どうすりゃいい?と迷ってる間に過ぎていく
戸惑いばかりでも

押し寄せるような忙しさの中に 身を置いて
瓦礫の先に広がる未来を 君は選んだんだ
The colors of the rolling days are saying good-bye to you

美しいはずの明日へ Walk on

君は君のまま 行くんだろう?


「証明」


僕は今日も嘘つきで そのか細い手首を
預かった日から変わらず どうにか騙して生きてる

知らずに育ったこの気持ちを 試してみたくなったから

何もかも乱暴に奪っていくこの町で 愛しいあなたに手を出したのは僕だ
隠した言葉が何だったのかを 見せなきゃいけない


まっ平らな長い道を歩けば あなたの居る方へ行ける
今日はどんな話をしよう 聞きたいことがある

目の前の女性がどんな人か 知りたくなったから

何もかも乱暴に奪っていくこの町で 愛しいあなたに手を出したのは僕だ
忙しい毎日の中でさよならは いつか来るだろうけど


強気でいられるのは 本気でいることの証明
寂しい思いは かけがえなさの証明
繋ぎ留めるために 鎖はいらない
繋いだ手が約束になる

君には見せよう


何もかも乱暴に奪っていくこの町で 愛しいあなたに手を出したのは僕だ
この一瞬がとてつもなく幸せだってことを 見せなきゃいけない


スポンサーサイト

テーマ : 作詞・作曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

s.h.n

Author:s.h.n
一般人です。
音楽などが好きです。


和歌山の四人組バンド、
A mushroom and the son
(キノコとムスコ)に参加していました。

キノムス HP

(最終更新 6/12)

キノムス の myspaceで
「ホロウ」というオリジナル曲を公開しています、

キノムス myspace


和歌山のHR/HM バンド、
Monkey Business に参加していました。

↓Monkey Business のメンバーブログ↓

イカサマだらけ


ロックバンド、saL no Moneys に
参加していました。


2組楽曲制作ユニット、SkiM/#に
参加しています。不定期更新です


また、個人の活動になりますが、
s.h.n works というページで
詩などを書いてます。

そちらもよろしくお願いします!

(最終更新 10/8)


それでは、
ごゆっくりどうぞ!(^^)

         開設 2012.9.19


※s.h.n は リンク先のサイト様方と
一切関係のない場合がございます。
支援の意で貼らせていただいて
おりますが、他意は一切ございません。

なので、リンク先のサイト様方の
迷惑となるようなことは
ご遠慮ください、皆様のご理解と
ご協力をお願いしますm(_ _)m

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
蝶が舞うリースの時計

触れると逃げてしまいます

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。